設計 福一通信 仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物のバリアフリーについて

さくら2

また久々の更新。。
満開の桜もすでに散って葉桜になっている中、気がつけばほぼ月イチペースの更新になっていましたね。反省・・・。


ところで、

バリアフリー、、、今やあたり前のように使われている言葉であり、実際さまざまな建物で高齢者や障害者などが利用しやすいように整備がなされています。

現在関わっている保育所の設計でも、もちろんバリアフリーに関する法律や条例の基準を満たさなければなりません。
特に保育所はその規模にかかわらず基準が適用されます。
今回設計している建物は木造2階建て、約300㎡程度の比較的小さな保育所ですが、いろいろな部分で対応しなければなりません。
そして、タダでは対応できないのでそれなりに費用もかかります。。

例えば、今回トイレにはオストメイト対応の水洗器具を設ける必要があります。
(オストメイトとは病気や事故によって排泄機能が損なわれ、腹部などに人工肛門や人工膀胱を備えている人のことをいいます。)
最初は保育所にオストメイト対応のトイレなんて・・・、特にこの程度の小さな建物には正直必要ないのでは?過剰な要求ではないか?と建て主も含め、同じような考えを持っていました。
予算も限られているので、できればもっと必要性の高いものにお金をかけたい、というのが建てる側にとって正直な意見だと思います。

しかし先日たまたまあるTV番組で、幼くして、というか産まれてすぐ排泄機能の働きが悪くオストメイトになった子どもの映像を見て、もしかしたらこの保育所でもオストメイト対応のトイレを必要とする子どもが将来いるかも?と思いました。ただ、可能性はかなり低いと思いますが・・・。

バリアフリーの法律や条例に基づいて、誰もが使いやすいように建物を整備するということは、単純に使用頻度だけで必要の有無を判断するのではなく、どこかに必要とする人がいる限りそれを排除してはいけない、という考えを持たなければいけないのでは、と改めて感じました。
当然費用もかかりますが、小規模でも保育所という公共性の高い施設であるため、社会的な役割を考えると多少の負担は仕方ないのかな?とも思います。

日々、いろいろな問題に向き合いながら設計を進めていかなくてはいけませんが、その都度いろいろと勉強になることが多いです。


設計 福一
スポンサーサイト

初の海外プロジェクト!?

冷やし中華

この冷やし中華。
あまり関係はありませんが・・・。
というか、この時期に食わんだろう、、、という話もありますが。。

なんてことはどうでもいいわけでして、、、

実は知り合いの設計事務所から、中国某都市での施設計画のプロジェクトへの参加依頼がありまして、打合せに行ってきました。
数ヘクタールというケタ違いの広さの敷地に、様々な用途の施設を計画するという一大プロジェクト。

さすが中国。。

雲をつかむような話ですが、夢があってとても興味深い内容でした。


自分は過去の実績から高齢者施設の設計経験が豊富だということで、高齢者のための施設を担当することになりました。

さてさて、どんなものになるのでしょう?
海外のプロジェクトなんて、ちょっとわくわくドキドキですね。

まずは来月上旬にプレゼンをして、その後全体計画が認められれば先に進めるとうことで、また次をご報告できたら幸いです。
お楽しみに!

設計 福一

義姉宅のリフォーム相談

水面1

昨年から義理のお姉さまよりリフォームの相談を受けていまして、先日お宅に伺いお話を聞いてまいりました。
親戚ですので、仕事というよりほぼボランティア的な感じですが。。

今回は設計作業が発生するような大がかりなリフォームではなく、屋根・外壁の補修、メンテナンスや寝室の壁のクロスを漆喰や珪藻土に塗り替えるなど、小規模なものになる予定です。
とは言っても、改修は新築とは違った注意が必要で、自分にとってはいろいろと勉強になることが多いので、しっかりと相談を受けたいと思っています。

お宅は築10年ほどの2階建て。まだ見た目はそんなに劣化や損傷など目立ったところはありませんが、大きく2点ほど問題がありました。

1 屋根の断熱が悪いのか、2階リビングが夏場ものすごく暑い
2 1階北側の寝室の壁にカビが生えやすく困っている

1に関しては、もともとの断熱性能が良くないか又は屋根裏に何らかの不具合がある可能性が考えられましたが、実際屋根裏を覗いてみると断熱材(スタイロフォーム)が一部脱落していました。
これではきちんと断熱されず屋根面の熱が2階の天井にもろに伝わってしまいます。
暑いはずですね・・・。特に昨年の夏などは。

2はもともと部屋の配置条件的にカビの生えやすい環境でした。
風通しも悪く湿気がこもりやすいようです。
ただ、予算的に根本的な解決ができるような大掛かりな工事はできないので、壁の仕上げを調湿効果のある漆喰などにすることによって、少しでも室内環境の改善を図る計画としました。

リフォームは新築工事とは違った難しさがありますが、住み手がきちんとメンテナンスなどを行うことで、家の寿命も長くなり、結果的に環境にもやさしいということになります。
近年、長期優良住宅の普及というのも国の方で促進していますが、これからは20年、30年で壊して建て直すのではなく、できるだけ長く建物をもたせるような時代になってきています。

そのような意味でも、今回のリフォームでより長く今の家が使われればいですね。

これから業者に見積りをお願いして、改めて工事内容を詰めていきたいと思います。

設計 福一

梅の咲く中

うめ1

連日厳しい寒さが続いていますが、そんな中、今日は午後から敷地調査へ行ってまいりました。
現地では梅がきれいに咲いていましたが、寒くて震えながら敷地の状況を調べていました。。

ここは以前から計画している保育園の敷地ですが、いろいろと紆余曲折があり、なかなかスタートできないでいます。
産みの苦しみ、、、と言いますか、物事なかなかスムーズにいかないものですね。
ただ、来年3月か4月開園予定なので、そろそろリミット。
早く設計に入りたいものです・・・。

桜が咲く頃には実施設計の真っ最中!と報告できるよう、頑張って進めていきたいと思います。

設計 福一

仕事納め

羽田1

久々の更新です。。
あっという間に今年も終りに近づいてきてしまいました。
今日は帰省ラッシュのピークでしょうか?
海外へ旅立たれる方も多いみたいですね。こういう時は円高はお得です。

さて、今年は今まで勤めていた設計事務所を退職し個人で事務所を開設するなど、思えば激動の一年でした。
まだまだ事務所としてはよちよち歩きといったところですが、来年はしっかり地に足をつけて歩き出せるよう頑張っていきたいと思います。

本日は自宅の窓拭きをしたり、年賀状を出し終えたり、はたまたお正月に向けて買出しをしたりと、すっかり年越しモードになりました。
今日はこれから恒例の?おせち作りに入ります。
自分は毎年、伊達巻とロートビーフを担当しています。妻は黒豆、数の子、紅白なますなどを作ります。

最近はデパートやスーパー、またはネットなどで注文するおせち料理がかなり一般化していますが、品数は少ないながら我が家ではなるべく自作のおせちを作るようにしています。
今の時代には合わなくなってきたのかも知れませんが、昔ながらの日本の習慣みたいなものは無くしたくないなぁ、、という思いがあります。

ということで、完成品は後日このブログで・・・。お楽しみに!

それでは皆さま、良いお年を!

設計 福一
weathernews
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。